• 同窓会について
  • 会則・開催報告
  • 本部・支部会
  • 同窓会・在校生
  • お問い合わせ
  • NEWS・TOPICS

同窓会長・校長挨拶

tukiyam.jpg

会 長  槻山  隆

御挨拶

  同窓会会員の皆様には、益々ご健勝でご活躍のことと お慶び申し上げますとともに、常日頃より同窓会活動に、ご理解とご協力を頂き同窓会の活動ができますことに感謝申し上げます。また、昨年9月発行の同窓会名簿の作成に際し、住所確認作業等に会員の皆様のご協力を頂きましたことに感謝申し上げます。今後も5年ごとの名簿更新を行い住所不明者等が少ない名簿を目指してまいりますので皆様のご協力をお願い致します。  
令和1年の総会は、昭和57年卒、平成4年卒の 当番幹事のもと開催し、会員の皆様に多数参加を頂きま した。本校舎4階の大講義室で 総会を開催し、総会前のアトラクションとして、太鼓道場 部と音楽部の演奏を聴き、卒業後初めて参加した同窓生 にとっては、感動していただいたものと思っています。例年のことではありますが、当番幹事の皆様には、参加者 の確保から総会終了後の懇親会の司会進行までご協力を頂き、盛大に終了できたことを感謝申し上げます。
今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のために、同窓会総会懇親会の中止が決まり令和2年度は書面決議での総会となりましたことを、ご理解のほどよろしくお願いします。感染症のいち早い収束をお祈りしております。
現在、一関市に於いては、少子高齢化が大きな課題と なっており、若年層の流出により今後の学校運営が大変な状況となるものと危惧している状況であります。こうい う中での同窓会活動が益々制約されるものと思いますが、 会員皆様のご支援ご協力の下、活動してまいりますのでよ ろしくおねがいいたします。


 

suzukimasakatu.jpg
校 長  髙橋 正勝

ごあいさつ

同窓会の皆さまには、日頃から母校発展のために、物心両面からご支援とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。令和2年度は、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策の慌ただしい中でのスタートとなりましたが、197名の新入生を迎え全校生徒596名は、日々勉学と部活動、そして生徒会活動や自主的活動に大いに励んでおります。
今年度本校は、高校再編計画前期計画により全学年5学級編制の完成年度となり、これまでの6学級編制から計120名の生徒減となりました。このことは、今後の同窓会運営はじめ学校経営に様々な影響が予想されますが、同窓会およびPTAと学校のより緊密な関係によって乗り越えられるものと考えます。学校を取り巻く環境の変化が大きな時代となってはおりますが、本校においては、校訓「自主の心 意志の力 創造の意欲」という不易の教育目標のもと、地域に根ざした学校として豊かな人間性を備えた人材の育成に、これからも邁進していく所存でございます。同窓会の皆さまには、母校の「教育活動の充実」「学校力の発信」のために、これまでと変わらぬご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

同窓会会員の皆様には、日頃より本校の教育活動に対しまして、あたたかいご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。 

また、昨年度の110周年記念事業につきまして多大なるご支援をいただき、心より御礼申し上げます。

おかげをもちまして、今年度は生徒、教職員ともに心も新たに111年目のスタートをきることができました。すばらしい歴史と伝統に誇りと自信をもち、溌剌と文武両道を貫くべく、生徒たちは日々勉学に部活動に一生懸命取り組んでいるところです。珠算・電卓競技での全国大会出場、フェンシング部のインターハイ出場、陸上競技部、卓球部、水泳部の東北大会出場など、多方面で生徒たちが活躍をいたしております。

さて、岩手県の高校再編計画の推進のため、今年度から本校は1学級減が始まり、3年間で3学級分の120人の生徒数が減少いたします。それに併せて教員も9名が定員減となってまいります。本校の学校運営上、様々な方面に大変大きな影響があることが懸念されております。

このような急激な変化の中にあっても、校訓である「自主の心、意志の力、創造の意欲」のもと、本校は地域社会に大いに貢献できる人材の育成を目指して教育を行っていくことに変わりはありません。

本校同窓生の皆様には、今後ともどうか本校の教育活動の充実とさらなる発展のために、これまで以上のご協力ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。